スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おつかいくん」猫田リコ、読了。(☆☆☆★)

2008年01月30日 21:30

 読みました。

 独特のキャラクター造詣と台詞回し。何処を切っても猫田ワールド。
 古過ぎもなく、斬新過ぎることもない。全くもって、素直じゃない奴らばかりで、歯がゆい思いをさせられますが、落としどころがまた絶妙なのだ…。

スポンサーサイト

「NEEDLESS・7」今井神、読了。(☆☆☆★)

2008年01月30日 21:22

 読みました。
 もう4巻くらいからずっと思っているんですけど、この漫画…、本当にテンションが上がりっぱなしで、クライマックスが止まらない、終わらない。この勢いの良さは稀有なものかもしれない。

Mは誰だ

2008年01月29日 20:09

 仕事から帰ってくると、こんなメモが机に置いてありました。
AA.gif

 なんのことだか訊いてみる。
「エムは有栖川だと思うんです」
 なんのことだか咄嗟に分からなかったのですが、数瞬後、それに思い至る。
 これ。



 毎度お馴染み「デスノート」のスピンオフ作品。覆面作家の「M」が、L最後の23日を描いた物語。性別も経歴も一切秘匿されているM氏ですが、これが有栖川有栖氏だという説が我が家から飛び出しましたことよ。
 ここで、もう一度メモを参照のこと。誰もが「M」氏は「イニシャルがM」の作家だと信じて疑っていないようですが、イニシャル「A・A」を横に並べてみると(つまり「A」を横に二つくっつけて並べる)、「M」を横線で打ち消した形になっているのです。逆に言えば、「『M』ではない」という一文字を表現すると、「AAだ」という意味になる。そしてそれが当てはまる作家の一人が、有栖川有栖だというわけ。
 スゲー! 先入観を完全に排除した新説。

 とまあ、ここでちょっと落ち着いて思い出してみる。書店でほんのちょっと、冒頭だけ見た(読んでない)ことがあるのですが、正直、有栖川氏の文体ではないような印象。一瞬だけ浮かれてしまいましたが、冷静に考えたら、どうかなあ…、というのが正直なところ。
 覆面作家でイニシャルMといえば…、舞城王太郎氏などが直ぐに思い浮かびますが、そのまま過ぎて違うだろうなあ。文章の作り方も違い過ぎるし。西尾維新氏でないことだけは断言出来るのですが(既にスピンオフ作品を提示している)。はてさて。
「ていうか、これ新作のダイイングメッセージじゃん! これで短編一本書けるよ!」
「えー。」
 まあ、イニシャルMの人なんでしょうね、きっと。

「旅ボン ~イタリア編~」ボンボヤージュ、読了。(☆☆☆☆)

2008年01月28日 21:57

 読みました。

「ナポリへ行って本場のナポリタンを食べるのです。」
 本書の帯。これがもう、本書の楽しさを一言で物語っている。
 この可笑しさに気づいた人も気づかない人も、絶対に楽しい旅行記。
 何度も読み返したくなってしまう、まさに珍道中の10日間です。

基本はハスキィ

2008年01月28日 15:18

■大寒を過ぎたから、もう後は春に向かって暖かくなっていくばかりだなーなんて油断をしていると、そりゃ暦の上での話だよ、1月下旬から2月にかけてなんて、1年で一番寒いんだぞとお叱りを受ける。そりゃそうです。

■3日前から、外に出ると鼻がむずむずするようになりました。花粉症か?
 ドラッグストアのウェルシアで、鼻炎薬のクニヒロを買う。安くて良く効く。

■パソコンのモニタでも、ゲーセンのモニタでも、近距離の一枚板を見つめていると、無意識に首を傾げている。酷いときは左右に20度くらい曲げて固まっている。これは多分、普通にはないことで(当然ながら、小首を傾げてみせる、という仕草ではない)、なんとなくだけれど、あまり良くない症状だと思われる。
 なんとなくパラノイアックな感じ…。

■今日の購入本。
「NEEDLESS・7」今井神/集英社/20080118/620円
「おつかいくん」猫田リコ/竹書房/20071227/590円
「星は歌う・1」高屋奈月/白泉社/20080118/410円

青い鳥を見たか

2008年01月27日 16:34

■五段活用。
 「っていうか」
 「ていうか」
 「てゆか」
 「つーか」
 「つか」

■ダイノマックス、プレイ開始から40分でジャックポット2240枚獲得。赤ボール1個だなんて甘っちょろい条件を提示していいのかい?(>誰)明らかにメダルが落ちにくい、いわゆる「釘設定」の台だったけれど、このところ珍しいくらいにスロットが揃い、けれどジャックポットパーツは揃わずになかなか枚数は増えない。それでも結局プラス1600枚、バンクの貯蓄10000枚復帰。

■ヴァレンタイン用にとチョコレートケーキの通販のページを見てたらやたらザッハトルテが食べたくなったので、安価なシャトレーゼケーキを買い込んでの食べ放題プランを実行。チョコレート分、大量補給。うまうま。
 パン屋さんで焼きたてのシュークリーム(さくさく生地!)を売ってたので買う。こういうのが本当のシュークリームだよなあ…、とつい思わずにはいられない。ふわふわ生地もいいけれど、たまにはこういうのも、いい。うまうま。

■地球の反対側はこちらと季節が逆、或いは昼夜が逆、ということを科学的根拠を理解して分かっていても、テレビ中継などを見ていると、同じ星の上にいることについての、ある種の違和感がある。それはまあ、きっと「地上」を想像するときには僕は平面で(それとも地図を作成するように)捉えているせいなのだろうと思う。それとも、昼と夜が同時に存在する、という背反律に対する背徳感のようなものなのだろうか。
 人に場所を説明するときに、僕はよく「○○の交差点を南に曲がって…」なんて言い方をする。これも似たような原理だろうか。ちょっと違うような気もする。「○○の交差点」がどの方向に四肢を伸ばしているのか、知っていなければ伝わりにくいだろうし、初めて訪れる人にとって、東西南北を把握しつつ進む、という芸当がどれほど難しいことか、想像に難くない。カーナビでもあれば別だけれど、方向音痴の人は、思うより、多い。

がんばれーず

2008年01月25日 21:59

■現在、目に見えて頑張っている人に、
「頑張ってください」
 ということは、不躾だろうか。

■mp3プレーヤー壊れたよ…。イヤホンを接続する金属端子が歪んでいるみたいで、どうも自分で直すには細か過ぎるのではないかという見解。うーん…、フラッシュメモリとして使うことにするか。中国製だからなあ。

1G、2480円。 →  http://store.shopping.yahoo.co.jp/adhoc/1gb-mp3player.html

■今日の購入本。
「旅ボン イタリア編」ボンボヤージュ/ゴマブックス/200709/1365円

大寒(耐寒)

2008年01月24日 08:47

■昨日は、朝からまた雪が降りました。2年振りのまともな積雪で、外に停めてあった車の色が分からなくなるくらいに一気に降り続いた。でも夜には雨になって、結局殆ど溶けました。

■翌朝になって、北日本が随分荒れている模様。てゆか、「爆弾低気圧」って何よ。
 →調べてみたらちゃんと前からある言葉みたいです。急速に発達する低気圧。

■頂いたこんにゃくが外も中も真っ赤で「面白いこんにゃくですねー」という感じ。レバーみたい。
 

ミルフィーユカツは旨い

2008年01月21日 20:46

■今冬、初雪でした。雪は4センチ積もりました。
 午前中に全部溶けました。曇りだったのに。

■何処へ行ったか、僕のイヤーカフ。

 イヤーカフ同盟 → http://ecu.terra-saga.net/

■なまらかっこええ~。ここまで来ると萌えるぞ。
 ホント凄い、VOCALOID。



■夜中にも仕事してきます。明日休むぞ~休めればいいな~。

きみだけの答えを見つけ出せ

2008年01月21日 19:51

■思い浮かべただけの話です。
 PG12。
[きみだけの答えを見つけ出せ]の続きを読む

いくら丼が食べたかったなぁ~

2008年01月20日 16:37

■ゲーセンメダル1500枚スった。やっぱり日曜日は夜に行くに限る。ハイエナハイエナ。

■滋賀県の師匠から、ひこにゃんギフトが届いたよ!!!!!ハァハァ
 取り乱しました。↓こんな感じ。
P1206592.jpg

 クール便で宅急便が来たので、何事かと思いましたが。
 箱の中身は滋賀のお土産。クロネコヤマトの伝票がひこにゃん柄だったのが流石です。
 おそばとかこんにゃくとか饅頭とか(「ひこにゃんまんまるやき」ですって! 可愛い!)。
 ひこにゃんのスタンプが「これはんこ」という名前でワラタ。
 もう師匠大好きー!
 フィギュア付きの「ひこねのよいにゃんこのおはなし」を今夜は楽しみに読みます。

 ひこにゃん → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%93%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93

 ん? って、アッー!
 師匠のケータイ番号ゲットだZE☆(ワンギリしたくなる衝動)
[いくら丼が食べたかったなぁ~]の続きを読む

さよなら蒼き日々よ

2008年01月17日 21:00

■仕事用に履いて出ている靴があるのですが、何処かが擦れるのか、歩く度に、
「もきゅ。もきゅ。」
 と音を立てるので困っています。幼児か、僕は。

■15年ぶりくらいにイナゴの佃煮を食べた。はっきりってバッタです。昆虫です。
 しかし…、なんだか非常に懐かしい味がしましたです。

■物凄く好きだったうどん屋さんが、どうやら店を畳んでしまったみたいで超ショック。
 吉田のうどん、という奴で、コシが凄くあって、分かりやすく言えば「硬いうどん」。スーパーなどで売っている大量生産モノでは、コシが全然足りない。讃岐うどんなどもコシがありますが、あれの数倍硬い。なので好き嫌いははっきり分かれるでしょうね。しかし個人的に凄く好きなお店だった(大学の直ぐそばにあるので学生時代はクラブ仲間と通った)ので、とても残念です。

■で、違う御飯屋さんに夕飯を食べに行った。ビュッフェスタイルで好きなものをレジに運んでいくところだったのですけれど、レジには研修生の名札をつけた短髪メガネの姉さんがひとりでした。夕飯時に研修生だけでいいのかな、いやレストラン系の経験者でしょ、と余計な心配をしつつ、「いただきます」。
 しばらくしたら、もうひとり奥から出てきました。お盆を持って現れたので、どうやらまかないの夕御飯休憩だったみたい。その顔を見てビックリしました。
「ちょっと、同じ顔、同じ顔!」
 その人がさっきのレジの姉さんとそっくり…、というか、遠めには全く同じ顔の男の人だったのです。しかも短髪メガネ。似た髪形に同じ柄のメガネ。横に並んで洗い物をする背丈も殆ど同じ。ビックリしました。
「同じ顔過ぎるッ、あんなに似た顔の兄妹(あにいもうと)も珍しいよ」
「てゆか双子じゃない?」
「その話をしてるんだって、最初ッから」
 姉弟かもしれない。ちょっと楽しかったです。

■今日の購入本。
「モリログ・アカデミィ・8」森博嗣/メディアファクトリー/200712/704円
「もえない」森博嗣/角川書店/200712/1575円
「タカイ×タカイ」森博嗣/講談社ノベルス/200801/998円

どんなときもー

2008年01月15日 23:17

■1円玉貯金をしていると、1円のお釣りを意識してもらいたくなるので、結果的には5円玉が増えるよね。
 これは算数の問題か?

■コインランドリーに洗濯機を任せて、懲りないゲーセン行脚。軍資金500枚(無論タダなのですが)を残り3枚までスったところで盛り返し、ダイノマックス、「何色でも7個」に果敢に挑戦、2度ミスするも2個取りに成功してジャックポット2520枚獲得。収支は+900枚。ゲーマーを敵に回すと本当に怖いぜ…。

■ショートショートのネタ → 南極で火炙りにされる拷問。

■以下私信みたいな。
[どんなときもー]の続きを読む

かおがでかい

2008年01月14日 23:37

■かっぱ寿司の紋甲イカ(2貫105円)がやたらプリプリして美味しかったので苦笑い。

■ダイノマックスで2600枚のジャックポットを獲得。
 EXチャレンジの条件が「何色でも1個」で、もうこれは獲ったも同然。
 フォーチュンオーブ(3)のチェッカーが何か故障していたらしく、チェッカーに入らなくとも、その入り口にメダルが接触、当たるだけでスロットのストックがぽこぽこ増えていく。美味しい台でした。ジャックポットは散々やったがちっとも当たらなかったけれど。
 本日付でメダルバンクへの貯蓄が10000枚を達成。

■グルーミーのまるかぶりキャップを2種、3品ゲット。400円しか掛かっていないのは、ちょっとした裏技(卑怯な技)を使ったから…、ゴニョ。これキャップというか、いわゆる被り物で、結構でかいですね。もこもこ。

 TAITOのサイトより、チャックスGPのラインナップ。 
 → http://www.taito.co.jp/gc/prize/index_chax07.html

 ピンクいのと黒いのがありますが、黒いのがひとつ余るので誰かにあげようかなあと思っている(どうして余るのに取ってきてしまったのかというと、これも企業秘密…)。モノ好きな方がおりましたら御連絡ください。

ばるーんわんぴ

2008年01月14日 00:22

■強運には幾つかあると思う。
 自分の運が強いことを自覚していて、それに任せて勝利を勝ち取る。
 自分の運が強いことを自覚していて、それを利用して勝利を勝ち取る。
 運が強いとか弱いとか自分では分からないけれど、なんだかいつも勝っちゃう。

■メダルゲームに12時間も費やしてしまった。ここまでくると酷いな。
 ジュースとアイス代のみで散々やって、200枚のプラス。

■JAFに入会しました。弟くんがそっち系の会社に勤めているので、勧めで。
 勧誘のノルマに使われたか? という声もあるが、まあスルーの方向で。
 これまで2年に一度くらいのペースでキーの閉じ込めをして、その度に8000円くらい払っているので、年会費の方が安いなあ、と常々思っていたのですよ、ええ! そうともさ! どうせ莫迦さ!(ヤケノヤンパチ)僕の車にキーレスエントリーなんてありませんよーだ。
 でも真面目な話、いつ、どんなときに車のトラブルに会うか分かりませんしね。憂いがあっても備えはしろと、まあ、そういうこと。

 日本自動車連盟 → http://www.jaf.or.jp/

 会費を自動振り替えにすると会員証のカードが紙製からプラスチック製になるらしい。ぷらっちっくの方がやっぱり格好いいよね…(そうか?)。

■さて…、夜中だけどお年賀でも出しに行くかな。
 ネット上で幸せなことがひとつあったので、今夜はずっと幸せです。


 こんな感じのテンションです。ゴアゴア。

「夢喰見聞・零 妄鏡堂」真柴真、読了。(☆☆☆+★?)

2008年01月13日 22:29

 読みました。
 シマくんのための一冊。これに尽きる。

「夢喰見聞・9」真柴真、読了。(☆☆☆★)

2008年01月12日 22:23

 現代のシュールレアリスト(しかも舞台は大正時代の日本)、真柴真か…。この表現力はホント、凄い。
 絵柄と演出については読者の感性により賛否両論となるでしょうけれど、これほどの悪夢の連鎖をよくぞまとめあげたものだと個人的に褒め称えたい作家さんです。非道なバランスに支えられた、危ういところで破綻しない物語の真相に驚愕し、息を潜めて閉幕する夢の終わりに、乾杯。

「チャーリーとチョコレート工場」鑑賞。(☆☆)

2008年01月11日 23:25

 ロアルド・ダール原作「チョコレート工場の秘密」を映画化。謎に包まれたチョコレート工場と、風変わりな格好をしている工場主ウィリー・ウォンカを描いた、ティム・バートン監督&ジョニー・デップの強力タッグによるファンタジー。

 世界で5人だけを世界一のチョコレート工場に招待する、という工場長の計らいに飛びつく世界中の子供たち。貧しい少年のチャーリーもそのひとり…、という雰囲気はなかったような。そんな掴みの悪さの中、誕生日プレゼントのチョコレートが当たり前のようにハズレだったときには、「そうでなくっちゃ!」とこの話の演出の冥利さを期待したのだけれど。
 チョコレート工場のファンタスティックさが縦横無尽に繰り広げられて観客に見せ付けているのに、工場長の飛び抜けたハイテンションさと裏腹に招待客の面々が殆ど無感動で通り過ぎていくので、楽しさが全然伝わってこない。見学会イコール「マザーグース」にする意味もないし。長い話でもないのにテンポが悪いのは、映像が綺麗なのに「映像が綺麗」というだけで場面場面が終わっているから。ところどころ、滅茶苦茶凄いのに凄さが感じられない、という致命傷が連続しているんですけど。
 観終わって「面白かった」という映画ではありませんでした。
 この失敗風味は、金曜ロードショーで観たからかなあ…。

ちーたーめん

2008年01月11日 20:04

■あと2ヶ月くらい頑張れば、500ミリのペットボトルが1円玉で埋まりそうです。

■活字中毒の症状が抜けたみたいです…、ショボーン。

■お風呂上がりに、ホットココアを一気飲み。

■予約しました((;゚Д゚)タノシミブルブル
[ちーたーめん]の続きを読む

メール

2008年01月11日 20:02

 御飯前にショートショート書きました。仕事中に思いついたネタをひとつ投下。
 有り得そうで有り得ない、ギリギリだと思う。
 以下、本編。短めで。

  ***

[メール]の続きを読む

いにいにいにいにいにしえのー

2008年01月10日 21:09

■仕事で重要な場面をひとつ乗り越えて、気が抜けてしまって、その直後に、もういい加減莫迦だろうというような失敗をして、ああ、やっぱりまだ自分は莫迦だなあ、と思った。

■歌を聞いていると、ブレス音が急に気になって仕方がなくなる時があるので困る。
 ブレス音が聞こえるから歌が巧い下手ではないのに。

■サイトの、「Copyright (c) , 2002-2008 , Kazui Yuuki」ってとこだけ更新しました。
 書評サイトとも小説サイトとも言えなくなってきたので、そろそろ、考え時かもしれませんね。

チャーハン作るよ!

2008年01月08日 20:37

■元旦に炊飯器を買いました。やっぱり確実に炊飯出来るのは嬉しいよね、と喜んでいたけれど、あまり美味しくないような気がする…、原因究明中。まるごときっちり洗い込んだ方がいいだろうか。

■新しいフライパンはチャーハンがパラッと仕上がって嬉しいなあ。
 でも、あまり美味しくなかった。やっぱり御飯のせいかなあ…。

■仕事始め。朝から車のガラスが全面凍っていて(昨夜は雨が降りました)、いきなり遅刻でもしたらどないすんねんな、と慄いていたとかいないとか。寒いなあ寒いなあと思っていたら、日中は3月並の暖かさ、ということで、そんなに寒くもなかったとか。

■初めてネットオークションで落札したのは家電だったとか。
 定価980円の某オモチャが大幅半額以下で落札されていて、これはいい買い物だなあ、僕も入札してみようかなあ…、と詳細を見ようとページをスクロールさせていくと、一番下に落札後の取引方法が。
「送料一律945円」
「支払いは代引きのみ。手数料315円」
 なんて注意書きがあったりして、これは本当、いい商売だなあ…、と感嘆した。

寒空の下

2008年01月04日 23:30

■午前、Fantasic Fever2で3800枚のジャックポットをゲット。ドル箱、積み放題。
 午後にもダイノマックスで2400枚ゲット。分かる人だけ分かって欲しい、ジャックポット条件が「何色でも7個」なんて出て、そんな無茶苦茶な~、と意気消沈しかけたが諦めずにチャレンジしたらワンミスのみで進行。5つ連続で取って、最後には2個取り達成でちょっとした達人に。うはうは。
 これでメダルバンクには8400枚。最早、タダゲーし放題…。
 しかしここまで慣れると、ジャックポット狙いのプレイになって、単純にゲームを楽しむレベルではなくなってくるなあ…、新しい機械が入らないかしら。

http://www.konami.jp/am/fantasic_fever/fever2/

■帰り道、スタンドでガソリンを入れていると、店員さんが横に。
「水抜き、されてますか?」
 初めてそんな問い掛けされたので、しなきゃいけないものなのか、とちょっと惑う。
「いえ…」
「只今キャンペーン中で、735円のところを525円でさせて頂いてます」
 というので、してもらうことに。
 後で調べてみたら、要はガソリンタンクの中の空気による結露をガソリンに溶かし混むためのエタノール液のことらしく、確かにしておくことは大事かもだけれど、環境によって必須事項というわけではないみたい。まあ、して損ではないし…、と思ったけれど、ショップで購入したら200円とかで手に入るみたいなので、わざわざ入れてもらうための「工賃」に300円払ったのかと思うと、少しだけ悔しいような。まあ小さい事を言っても仕方ない。
「半年ごとくらいに入れるといいですよ。シール張っておきますね」
 とタンクの蓋にシールを張られたので、剥がしておこうと思う(苦笑)。次は自分でやろう…。

■夜中にマックに行った。グラコロはまあ普通に美味しいなあ、とどうでもいい話をしてたら、高校生らしき女の子がふたり入ってきて、別に何かを頼むでもなく、ケータイを見合いながら話をしてました。あったかいからダベリに来たんだろうなあ、と食事を終えて車に戻り、じゃあ帰ろうかな、とスタートさせたら、先程の二人が外に出てきているのが見えました。結構早く出てきたな、と思っていたら、僕ら、それに気づいた。

 寒空の下、踊ってました。

 何も言えずに帰りました。

「っポイ! 25」やまざき貴子、読了。(☆☆☆★)

2008年01月04日 20:05

 読みました。

 ちょっと終わりを引っ張ってる感じがする。
 ありきたりのハッピーエンドにするつもりは作者にもないみたいで(本編及び番外編参照)、思い出すまでもなく、必ず結末のある中学生生活の一幕は傍観者が諦観する以上に忙しく騒がしい。そして現役の中高生が思う以上に美しい部分と醜い部分とが乖離せず同時に存在する世界なのだ、彼らの舞台は。背反律は当たり前、しかし当たり前の事を当たり前のこととして消化し、昇華させていくにはまだ大人にはなりきれていない者たちの物語…、それが約束された一本道でも、曲がり角だらけの砂利道でも、彼らはひたすらに突っ走るのみ、なのです。

 ゲーム化ってマジですか?

キセイ

2008年01月03日 23:14

 昨日と今日、泊まりで帰省してました。
 山梨は恐らくこのまま雪は降らないだろうな、という気配なのけれど、松本以北は雪がちらほら降り続いていました。それでもそんなに寒くはない。本当、山梨と長野の冬の寒さは質が全然違う。長野の方が外で過ごしやすい。雪が舞ってるのに、新聞を取りに外に出てきた親父さんが一言、
「ああ、今日はあったかいなあ…」
 そういうものかなあ、と。
 同姓会、と言うのでしょうか、要は新年会。今年は親父さんが幹事だったので、それにくっついていきました。色々突っつかれて気分は楽ではなかったけれど、それもまた付き合い。それよりひたすら日本酒を空けるようせっつかれて、年寄りはもうどうしたものか。不遜で申し訳ない。
  ***
 夜中に神社参り。参拝客は誰もいなくて、賽銭を放り込む音が妙に響く。

 僕が子供の頃からずっと、市民体育館の駐車場にデゴイチが置かれているのです。これ、何処へも乗れるようになってるので、子供の遊び場になってましたが、後部燃料車両は蓋が重くて入るのに難儀したし、中は何にもなくて暗くて怖かった。ゴミだらけでしたが。
P1036583.jpg

  ***
 今日の購入本。
「ゴールデンスラッパー」伊坂幸太郎/新潮社/20071119/1680円(850円で購入)

背筋力

2008年01月02日 17:06

 ゲーセンで背筋力が測れるマシン(笑)があったので測ってみました。中学生のとき以来だ。
[背筋力]の続きを読む

あけました(暫定版)

2008年01月01日 00:08

 明けました。色々遣り残したまま中途半端に明けてしまった。
 2008年の開幕。平成20年、と書類にパッパと書けるかなあ。
 今年も年明け早々忙しそうです。文字通り、走り回ることになるな。
 まあ、少なくとも、いつでも健やかにいきたい。

 NHKで行く年くる年を見ていたら、アナウンサーの、新年度、初カミを目撃してしまった。0時15分。
 雪は降るのだろうか。ここだけ降らないというようなことには…。


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。