スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春自覚

2008年03月28日 20:25

■小麦粉の袋を綴じていた洗濯バサミを外そうとしたら、爆発した。びっくりした。

■お好み焼きの粉が足りなかったので、ホットケーキの粉を少し足して作った。少し膨らみ方が怪しかったですが、まあ不味くはなかった。けれども直ぐにバレた。そして小麦粉が冷蔵庫の中に入っていて更にショック。

■甲府は桜が満開です。満開、と言っても、ひとつの木の全ての花が咲いている状況ではない。7割だか8割だかの開花を確認出来る状態が「満開」と呼ばれるもののようです。例年に限らず風も強いので、またあっという間に散り去ってしまうのではないかと少しばかりんお無常観と共に。

■中央線の甲府~塩山間を、SL列車が走っています。そのうち写真を撮ってこよう。
スポンサーサイト

きん

2008年03月23日 23:23

■自動車運転免許の更新に行ってきました。
 免許取得後、更新は免許取得2年後の初心運転者講習以来の二度目。なので、初回から3年後ですね。ということは一般運転者講習になるのかな、その次の更新で優良運転者…、つまりゴールド免許取得かな、と思いながら免許センターに赴く。
 と書いた時点でオチはバレバレなのですが…、いきなりゴールド取得でした。無事故無違反5年間で優良運転者の資格が発生するのですね。10年だと思ってました。とまれ、本日付でゴールド免許です。わっほい。講習も30分でした。
 道路交通法が改正されて、中型免許が新設された影響で、これまで普通自動車免許として継続されていた免許は、皆「中型」と明記されるようです。但し書きが付いて、運転出来るのは8トン以下の車らしい。まあ、貨物車とか運転しないので、だからどう、というものでもないのですが…、そうか…、中型免許者になるのか。どうもピンとこないな。
 次の更新は5年後の予定。何事もなくいけばです。

早急に

2008年03月21日 22:44

■自動車免許証の書き換えに行かないと!

■桜がいい感じに咲き始めています。
 昼間にコタツで寝てたら寝汗掻いた。
P3166738.jpg


■腹巻って頭から被って腹まで下げるものなのか、それとも足から履いて腹まで持ち上げるものなのか。

■いいものを手に入れましたよ。
P3216751.jpg

P3216754.jpg

 「どうぶつ店長と仲間たち」製品情報 → http://www.megahouse.co.jp/doubutu/index.html

■今日の購入本。
「みなみけ・5」桜場コハル/講談社/20080317/560円
「マイガール・2」佐原ミズ/講談社/20080308/560円
「モリログ・アカデミィ・9」森博嗣/メディアファクトリー/20080312/704円
「θは遊んでくれたよ」森博嗣/講談社文庫/20080314/600円

「SAW4」鑑賞。(☆☆☆+☆☆?)

2008年03月19日 23:35

 ジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こうとするホフマン刑事。ケリー刑事殺害のニュースを聞いたFBIから2人の捜査官も駆けつける。しかしその頃、ジグソウに関わり唯一生き残っていたSWATのリッグ刑事が、新たなゲームに強制参加させられ…。

 DVD買いました。その日のうちに吹き替え版と監督のコメント版、2回続けて観ました。気がついたら次の日が明けかけていたという…。毎度ながら、冒頭から終幕までノンストップに続く緊張感はたまりません。寒くもないのに身体が震えているのは、間違いなく恐怖心からくるものなのでしょうけれど、これは人によって違う映画の鑑賞体験。あまり作品の中の空気に精神がリンクしてしまうと、その後の日常にも悪影響を及ぼすもので…、ファンって怖いですね(違った意味で)。
 さて、色々とネタバレと呼べるような前情報があって、公式にアナウンスされていることなので書いてしまってもいいのでしょうけれど、僕は出来るだけ前情報なしで本作を観たいと思っていた種類の人間ですので、今回も伏字処理のオンパレードになるだろう事をお許しください。

 前作のラストでジグソウもその弟子(助手?)のアマンダも死亡したのに、また新しいゲームが始まろうとしている、畏怖。ジグソウのゲームは終わってはいなかったのか、それとも…。冒頭のジグソウ解剖シーンで、多くの観客が望んでいた「それでもジグソウは生きている」願いは物理的に抹殺されるわけですが、それをはっきり確認させるために、たっぷりと「解剖」シーンを見せ付けてくれるのにはいきなり脱帽です。DVDのパッケージにはこんな注意書きがありました。

「一部の方には著しい恐怖感・不快感を感じられる場合があります」

 映画が始まって1分後にはとんでもないストレスを感じることでしょう(褒めてます)。

 以前から当シリーズはミステリ(謎解き)映像作品としての性質が強く、制作陣も工夫を凝らして観客を騙してやろうという気概が伺えて僕は好きなのですが(勿論、ミステリが)、今回も冒頭から伏線だらけです。それもすれたミステリ読みでも見過ごしてしまうような大胆な伏線で、見終わった瞬間には、もうなんというか、「そういう手でくるのか」と溜め息が出ました。第一作を観終わったときのような、快哉を叫ぶ衝動とは違う感慨。最早、このシリーズから感動を覚えるということはないでしょうが、僕が「SAW」シリーズに求めているのは、どうしたって冷たい理性と論理的思考によるロジカルなプロットとトリックなんだなあ、と思うのでした。

 前作から1年、という短いインターバルで公開された本作、しかし、シリーズ全編を通じて観たよ、という人、それ意外は本作の面白さ…、というか、趣旨そのものすら理解するのは困難なのではないだろうかと思われます。と言うと、なんだか滅茶苦茶コアな観客にしか観る価値がないということになってしまいそうですが…、それに加えて、やはりリアル過ぎる描写てんこ盛りで、観終わって気分が暗くなること請け合いで、ニコニコして面白かったと思える人は非常に少ないのではと邪推します。シリーズ作品として評価するならまだしも、単体の映画として見ると、完成度は高いとは言えないのが正直な話。



 ネタバレ感想に続く。
[「SAW4」鑑賞。(☆☆☆+☆☆?)]の続きを読む

自転車と信号

2008年03月18日 15:35

 自転車は、歩行者用信号に「自転車・歩行者専用」の標識があれば、歩行者と同じ信号、標識がなければ、車と同じ信号に従います。言い直せば、歩行者用信号が赤でも、指示標識がなければ自転車は一般信号が青である間は道路を横断することが出来るのです。これは道路交通法の定め。
 意識してない人、多いのでは?

かずい は れべる が あがった !

2008年03月16日 20:46

■歳をひとつ取りました。

■会社内で研修会。講師をやった。自分はやっぱり喋るのが下手だなあと思った。

■夕御飯はいくら海鮮丼。うまうま。

■フウセンカズラの種をもらいました。5ミリくらいの黒くまるい種で、その中の白いハート型の部分が猫の顔みたいにも見えて結構可愛い。

 フウセンカズラ 画像検索結果 → http://bsearch.goo.ne.jp/image.php?CAT=image&SITEH=1&SITE=&MT=%A5%D5%A5%A6%A5%BB%A5%F3%A5%AB%A5%BA%A5%E9

■「かわいい」と「可愛い」、どちらがよりカワイイか?
 「かわいそう」と「可哀想」、どちらがよりカワイソウか?

ひー

2008年03月14日 22:12

■もうちょっとブログ書きたいなあ…。最近、普通の仕事人。

■急に花粉症つら過ぎる~。
 ここ数日、忘れずに鼻炎薬を飲んでます。それでも普通のくしゃみとは違う、なんだか自分でもこれはヤバいのでは、という立て続けのくしゃみは危機感すら抱くのです。夜、寝る前2時間くらいの時間帯が、丁度薬が切れるタイミングらしく、一番つらい。というか、お風呂から出てきて15分くらいすると激しくつらいのですが。これはどういうことか。夕御飯の後、家の中にいるからと飲むのを忘れることが多いのがいけないのか。

■春雨の一日でした。雨なのにそんなに寒くはない。晴れれば少しだけ暑さを感じる日もあるし、いよいy三寒四温ですね。花が咲いている木々も見掛けるし、そろそろ、また、デジカメを持ち歩いてみてもいいかもしれんね。

■今日の購入本。
深泥丘奇談/綾辻行人/メディアファクトリー/20080227 /1659円(850円)
ハッピーエンドにさよならを/歌野晶午/角川書店/200709/1575円(800円)

もう春っぽい

2008年03月11日 22:06

■急に暖かくなりましたね。気温は20度を記録、昨日より7度も上がっていたらしく、日中は長袖をまくりたくなるくらいのぽかぽか陽気。夜に買い物に出掛けたのですが、9時頃になってもコートが必要なかったくらい。そろそろ冬物から春物に替えていってもいいかも…、と油断しているとしっぺ返しを食らうのはいつものことなので様子を見るべきかも。

■不二家ネクターって美味しいよね…。

不二家ネクター 製品情報 → http://www.sapporo-inryo.jp/product/fujiya/nectarp/index.html

■フォンダンショコラって美味しいよね…。

Google 画像検索結果→ http://images.google.com/images?hl=ja&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&rlz=1I7GWYD&q=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%A9&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

山頭火

2008年03月10日 21:19

■もうちょっとしたらもう少し忙しくなくなると思う…、だといいなあ…。

■じゃがりこ2カップ分のマッシュポテトは流石に胃に重かったらしい。

■タラバガニの肩をまるごと頂いたので夜にカニ鍋。豪華!
 腹の身をほぐして雑炊にもしてみた。豪華!

■今日の購入本。
「D.Gray-man・14」星野桂/集英社/20080304/410円

今日は金曜日じゃなかったのか

2008年03月06日 19:47

■救急車のサイレンが「ぽーぴーぽーぴー」に聞こえることがある。

「十角館の殺人」綾辻行人、読了。(☆☆☆☆)

2008年03月06日 19:46

 新装改訂版、読みました。

 古典ミステリを踏襲し、現代ミステリの可能性の枠を大きく広げた、やはり感嘆に値するトリックだと思う。「ミステリ史上に残る大トリック! たった一行が世界を変える」なんて帯には書いてあります。力が入っています。確かにメイントリックのインパクトは大きくて、けれども、ミステリを読み慣れない人は、その「一行」で即座にカタストロフィを得る(それはミステリ読みの快感であるのですが)ものでもないと思う。それはつまり、本書が厳格にただひとつのトリックで物語を支えている、という寄り掛かりの構成ではなくて、その「一行」の意味が次第に判明してくるその後の犯人の独白の章こそが、本書の最大の読みどころなのでは、と思うのです。本書のメイントリックが叙述トリックであるのは間違いないのですが、『真犯人が登場人物を騙す』と同時に『読者を作者が騙す』ことに成功している、まさに綱渡り的なプロット(完成度の高さ)が、真に評価されるべき素晴らしさなのだと思う。
 犯人の行動が綿密に計算されたものであると同時に、不意の事態にも対処し、殺人に対する如何にも人らしい怯えを持って行動に移している姿を読むにつけ、いわゆる本格ミステリに対する苦言のひとつであるところの「人間が描けていない、ゲームかパズルを読んでいるかのようだ」という言い回しに反論も可能であろうという気にさせられるのがなんだか嬉しかったです。

 再々々々読くらいなので、☆4つですが、もうひとつ追加しても良い。
 14年振りくらいに「水車館」を読もうかな、と思った。
[「十角館の殺人」綾辻行人、読了。(☆☆☆☆)]の続きを読む

さんくす・あ・ろっと・みりおん

2008年03月06日 19:30

 60000アクセス達成。いつもありがとうございます。まだ頑張ります。

かふんしょ

2008年03月04日 19:28

■花粉症、発症しました。眼が痒い! 眼が痒い!

■と思っていたけれど、どうも黄砂の影響っぽいという話も。
 風がちょっと強いな、と思っていたら車が砂だらけになっているし、昨日、夕方雨が降ったときは酷かった。ただ雨が降っているというだけのはずなのに、ワイパーを動かすとガラスが白くにごってワイパーの筋が出来るんです。この2日でウォッシャ液をどれくらい使ったことか…。
 そしてワイパーの届かない範囲に出来る、くっきりとした汚れの跡が、また切ない。
 車を洗うタイミングを計っています。

今日のフォト:「ランドルト環みたいな」

2008年03月04日 19:23

 まあ、見たまんまなんですが。
P3046670.jpg

あひるは

2008年03月02日 23:06

 天気も良かったので、買い物の途中で御坂の桃源郷公園へ行く。
 アヒル撮りにです。食べ切れなかったフランスパンがあったので、持っていく。
P3026632.jpg

 小さくちぎってコイに投げてやりつつ、鳥が近づくのを待つ。黄色い(金色?)のは珍しい。
P3026638.jpg

 むらがるカモたち。
P3026663.jpg

「うめー! パンうめー!」
P3026654.jpg


 アヒルはいませんでした。

  ***
 今日の購入本。
「ロートレック荘事件」筒井康隆/新潮社/19900925/1300円(105円)
「6ステイン」福井晴敏/講談社/20041105/1700円(105円)

ミニ平沢特集(ことぶき半分)

2008年03月01日 22:37

 これは素晴らしい。


 平沢進動画を探していて見つけたので、ついでにといってはなんですがコレも。

 もうコアな人にしか分からない感動がここに。


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。