FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【○+】「扼殺のロンド」小島正樹

2013年04月29日 20:43

 その事故車は工場の壁にぶつかってたわみ、ドアが開かなくなっていた。中には男女。女は腹を裂かれ、男は無傷のまま、死んでいた。直前にすれ違ったドライバーはふたりとも生きていたと証言、さらに男の驚くべき死因が判明して捜査は混迷を深めた。しかし事件は終わらない。第二、第三の事件が追い打ちをかける──。新世代トリックメーカーが放つ渾身の一撃!

 ということで、読みました。
 「事故車の中には腹を掻っ捌かれた女と意外な死因の男の死体」という冒頭の事件が凄いインパクトで、提示されるのが密室三連発! これ、きっちり合理的な解決なんて得られるのか、という興味だけでも読む価値があるんじゃないかと思う。こういう物理トリックメインみたいなミステリの弱さは、読者が巧く伏線を拾い切れないところで、しかし、この真相には納得せざるを得ないというか…、ドミノ倒しのように情景が繋がっていく終盤の謎解きは溜め息が零れます。バカミスもかくや、みたいな力技が積み上げられたトリックミステリだと思います。終盤の展開が少し急ぎ足で、肝心の「扼殺」の動機が弱いかな、とも。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unmystery.blog13.fc2.com/tb.php/3593-cffa2353
    この記事へのトラックバック


    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。