FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【○】「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」東川篤哉

2013年05月12日 17:14

 39歳独身の美人刑事《八王子市警の椿姫》こと椿木綾乃警部と、椿木警部に罵られることを至上の喜びとするその部下、小山田聡介。八王子市警の名コンビが勇んで出向く事件現場には、いつもなぜか、竹箒を持った謎の三つ編み美少女がいて――。本格ミステリーのトリックと、抱腹絶倒の掛け合いが最高の化学反応を起こすユーモアミステリー。

 ということで、読みました。
 「本格ミステリ+魔女」。これまでにそんなガジェットの組み合わせがなかったわけではない。しかし本書はファンタジーではない。事件が起きる最中に魔女のマリィが見せるファンタジックな所業は殆ど隠し味程度のもので、いつもの東川氏お得意の(滑り気味の)ユーモアミステリ短編集となっています。キャラクター造形は良くも悪くもドラマ的で、とっつきやすいところはあるのですが、それがミステリの完成度に直結しているようには見えないのがなんとも。マリィの存在意義が最後の最後で見えてくる辺りが、まさにそれ。良くも悪くも、軽め。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unmystery.blog13.fc2.com/tb.php/3602-392a3485
    この記事へのトラックバック


    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。